薬剤師 転職 コツ

薬剤師の転職のコツについて

薬剤師,転職,コツ

薬剤師は、日本では大学の薬学部を卒業して、薬剤師国家試験に合格し、なおかつ薬剤師名簿に登録申請し厚生労働大臣より免許が与えられた人のことをさします。主に薬学に関する一定の知識を有していることを示し、この資格が必須の就職先としては、病院や調剤薬局、ドラッグストアなどがありますが、このほかにも医薬品の販売、学校の保健室などがあります。また資格の知識を活かした就職先としては、麻薬取締官や科学捜査研究所、保健所職員などがあります。 一般に薬剤師の資格は、あくまでも一定の知識を有していることを示しているため、資格取得後の実務経験が転職時には重要視されます。そのため転職を上手くするコツとしては、同業種または実務経験で得た知識を活かせる業種を選ぶことです。例えば、調剤薬局と病院では必要とされるスキルが異なりますし、またこれら医療機関ではなくドラッグストアなどでは対面販売を行うため、接客スキルが必要になります。同じような職種の職場であれば、新たに学ぶことも少なくスムーズに新しい仕事に従事することができますが、少し異なる職種の職場の場合には、手順などを一から覚える必要があり就職後に多くを学ぶことになります。 31

薬剤師として転職する際に重視すべきポイントとは

薬剤師,転職,コツ

有資格者しか業務に当たれないといった点から、無資格者であっても受け入れを行っているといった求人よりも採用されやすいといったメリットがあるのが薬剤師です。薬剤師としての資格を保有しているようであれば、就職や転職は然程難しくないと言えるでしょう。 では薬剤師として転職する際に重視すべきポイントとしてどのような点が上げられるのかというと、給料の高さだけではなく業務内容にしっかり目を通した上で採用面接などを受ける先を見つけるといいと言えるでしょう。 薬剤師と言ってもその業務内容は様々です。薬の調合や調達を行うだけでなく、体調が悪いといった方からの相談を受けその症状を改善させるための市販薬を紹介するといった業務も存在しています。接客が苦手なので薬の調合や調達に専念したいといった方は、給料が高くてもドラッグストアなど顧客対応を求められる勤め先は避け、病院の調合部署や治験部署などに勤めたほうがいいと言えるのです。 もちろん給料の高さや勤務場所への通いやすさも重要だと言えますが、アルバイトとして働くのではなく転職という形でひとつの職場に勤めるのであれば、大切なことは長く勤務を続けることだと言えるため業務内容に重点をおいて求人に目を通すといいでしょう。 32

更新履歴